今週まとめて!(コミカレ音楽祭情報・お墓参り・東京クァルテット・四ツ木コンサート)

2012/07/06 20:19 に 西谷国登 が投稿   [ 2012/07/06 21:06 に更新しました ]
暫く更新が無く、アクセスして下さってる方申し訳ありませんでした。やっと更新します!
写真は、リサイタルのチケット。やっと完成しました!
チケットは、予約をしてチケット代金をお支払い頂いたお客様にお渡しする事になっています。
もちろん、予約してホールで支払うことも出来ますので、必ずしもチケットが必要ではありません!
皆さんの御来場楽しみにお待ちしております!
※こりっち予約はこちら ※直接予約フォームはちら(どちらからの申し込みも可能です)

さて、、、
今日は、4つのブログを一気に更新します。目次です。
1、コミカレ音楽祭についての情報
2、千香士先生のお墓参り。
3、マーティン先生の来日と東京クァルテットの話 
4、四つ木のコンサート 

1、コミカレ音楽祭
既に20名以上の沢山の方々に申し込み頂いています。有り難うございます!
大きな編成になりそうで楽しみです!申し込みはちらから。
また、ヴァイオリンとヴィオラの外部の方(会員の方ではなくても受けられる)特別個人レッスンも音楽祭
の間に受講出来ます。コミカレでの個人レッスンの申し込みはこちら

2つ、音楽祭の情報です。
もう一曲、グリーグ作曲「過ぎにし春」を増やす事にしました。この曲は全員参加必須ではありませんが、出来
るだけの人に参加してもらえたらと思います。曲の難易度は比較的易しいですが、音楽的(表現力)に難しい作
品です。名曲です。
もう一つは、モーツァルトの楽譜なのですが、インターネットで見つけた楽譜である事と急遽短時間でボーイング付けをした事で、い
くつかミスプリントとミスがある事を発見しました。すみません。発見して頂いた方有り難うございます。

ただ、練習が出来なくなる程致命的なミスでは無いので、当日アナウンスするか、コミカレと相談して皆さんにお知らせしようと思い
ます。今の段階では正誤表を作成予定です。近日中に、ブログでも特設ページを作ってミスの詳細をお知らせしますね。少々お待ちを
2、お墓参り

故田中千香士先生のお墓参りに、同門下生の方と行って参りました。
場所は青山墓地。先生の名前がお墓に彫られていました。先生の事は一日たりとも忘れた日はありませんが、ど
うも、お墓には先生が居ない様な気がしました。お骨はある訳ですが、なんというか先生の気配が感じられなか
った様な気がしました。

お墓参りに行く3日前に、千香士先生のお宅に挨拶をしに伺ったのですが、先生の部屋の方が先生がいらっしゃる
気配がしました。なんというか、緊張する感じがしました。奥様であられる、ヴィオラの田中あや先生も「主人
はここ(レッスン室)にいるから」と仰っていましたが、私もそんな気がします。
元々先生は、そういう神とか仏とか、そういう習慣が好きで無かったので、お墓にいらっしゃるハズが無いのかな。ですがとりあえず
、、「頑張ってますので、どうぞお見守り下さい!」と伝えて来ました。

3、マーティン先生の来日と東京クァルテット
マーティン先生が(東京クァルテットの演奏会の為に)、私の留学先の一つであったポートランドから東京に
再来日しました。
久しぶりに時差ボケ対策も含めた、朝食昼食&お茶付きの2時間レッスンをしてもらいました。レッスン中に
「生徒が沢山いる中よく練習してて偉い!また、前より更に上手くなってて先生として嬉しいよ」と褒めてく
れました。これは、嬉しかったですね。先生に褒められるとやる気でますよね。

そして、昨日マーティン先生がチケットを手配してくれまして、東京クァルテットの演
奏会(銀座・王子ホール)に行って来ました。とにかく、凄まじく凄かったです。もしかしたら、今まで何十回
と聴いた演奏の中でも、トップ3に入る演奏だった様に感じました。
ハイドンの弦楽四重奏「騎士」もドビュッシーの弦楽四重奏も演奏した事がある曲だっただけに、より凄さを感
じました。

ドビュッシーに至っては、カウント無しの音楽性、表現力だけで聴こえて来て、楽譜から楽曲を弾くという事を
逸脱していました。まさに印象派の抽象的な演奏!改めてたまげました。
マーティン先生は、過去のブログでプロ中のプロ、世界一のヴァイオリニストだと言及してきましたが、他と比べては失礼!ヴァイオ
リン界の中で違う雲の上の領域に達していると思います。先生のストラディヴァリウスも、鳴りまくっていました。
東京クァルテットの解散で一番残念なのは、先生の来日回数が格段に減る事です。LAに先生は移るみたいなので、アメリカでコンサー
ト今度するとき、LA、遊びに行くかな。

4、四つ木コンサート
昨日、葛飾区四つ木でプライベートホームコンサートを行って来ました。写真は、右が小濱絵美さん、左
が細江竜也さん。

身近にプロのヴァイオリンの音が聴けたと喜んで頂けました。場所が葛飾区と遠かったのですが、終演後
には、皆さん喜んでくださった事、涙してくれたことが嬉しかったです。
主催の細江さんや、ピアノの小濱さんも満足。やり切ったという感じです。

次回は、葛飾区の地域センターなどで、クリスマスコンサートをやるみたいです!
私主宰のおしばぁいおりんのクリスマスコンサートの間に、葛飾でもクリスマスコンサートやれたら楽しいなと思います。
それでは、皆さんが明日も元気でありますように!
Comments