実現できてる事、実現できてない事

2012/08/24 6:49 に 西谷国登 が投稿   [ 2012/08/31 0:57 に更新しました ]
コミカレ音楽祭が終わり4日間何をしていたんでしょう。レッスンやリハーサルや事務作業をする傍ら、
昼間の極度の睡魔に襲われてました。

しかし、音楽祭に参加した生徒達の音の変わり様はビックリです。こういう機会って大事ですね。
確かに私も先生に誘われていろいろ参加しましたが、参加する度に上手くなっていた様な記憶があります。
是非次回も沢山の生徒に参加して貰いたいです。


 今日は自分に対する愚痴です。

日本に帰国した2年前に、私はレッスンをしながらヴァイオリンの演奏活動と指揮活動をして、
その比率は「7(レッスン)対3(演奏活動)」という目標をたてました。
今の私の生活は、8対2くらいですが、殆ど実現できているな。と感謝しています。

教える事が好きな上、素晴らしい生徒達のお陰でレッスンはもちろん楽しくやらせて頂いております。
ヴァイオリンの演奏活動も、CDレコーディング活動、リサイタルやチャリティーをはじめ、色々な機会に恵まれ感謝しています。
そして、指揮活動は、コミカレ音楽祭で昨年から3回目の機会を頂きました。指揮活動に関しては、本当に夢のようにオファーが掛かり、
とても感謝しています。もっと無いかなあ!

しかし、時間と体力、精神力がまだ足りず、実現出来てない事がいくつか。。。

まず、「西谷国登のおもしろあーと」楽しみにしている方、本当に本当にごめんなさい。
あちこちで、次回はまだですか?という嬉しいお言葉を聞きます。
実は、次回分は6月に全て撮り終えてるのに、未だに編集まで手が届いていないです。
多分、9月には・・・。というか、9月はリサイタル直前スペシャルとか、撮りたかったのに。
調子にのって最初の方、出し過ぎましたかね。今年最初の頃は、そんなに暇だったのか・・・。と思う今日この頃。
ううむ。
9月に入ったら、少し配信計画を見直しますよ。
皆さんしばし、お待ち下さい。

そして、2つのオーケストラ作り。これはもう、今年は時間的に無理なので来年以降。
来年のソロリサイタルを諦めて、オケ作りに集中するか悩みどころです。
そうすると、リサイタルは再来年の冬かな。
2014年の1月とか4月とかかな??コミカレでオケをある意味作れたので、満足なので作るのは1つで良いのか。
とにかくオケ作成にあたり、練習場の確保が最優先課題ですよね。最初は小規模からで勝負かな。ブツブツ。独り言です。

しかし、新たに実現したいことも押し迫る。冬期短期合宿や夏期短期合宿。一人で「今年は無理か。
いや、小規模なら可能では・・・。」なんて考えハジメマシタ。とにかく色々な生徒に重奏の機会を与えたいのです。
生徒間で良い意味で交流もして貰えたら、とても先生として嬉しいですし。
知り合いが自分の紹介で上手く繋がったときの喜びは溜まりませんよね。

9月は、アメリカンスクール(ASIJ)と東京アメリカンクラブ(TAC)では新学期がはじまります。
TACでは早速の申し込みがありましたし、ASIJの補講も2月中旬に1週間半程やる事に決まりました!
また色々楽しみです。外国人の生徒、今年は何人増えるかな。国際的な教室だから、国際的なイベントもしなくてはですよね。
なんだろ。どんなイベントが良いんだろ。生徒間での英語交流イベントも考え中・・・・。果たして何か良い案が出るだろうか。

実は、夏休み中、外国の生徒達が自分たちの国に帰ってしまい、私は英語を話す機会が激減。
それで少し英語に不安を感じる中、一昨日日本に戻ってきた生徒の訪問レッスンがありまして、
自分の英語復活する事出来て安心。
少し最初、噛みまくりましたが。。

他のある外国人生徒は、自分の国でヴァイオリンを購入したと思ったら、帰りの飛行機で紛失した。
どうしよう。というショックなニュースもあり、なかなか良い意味でも悪い意味でも騒がしくなりそうです。

さて、やらなくてはならない事に戻ります!

それでは、皆さん楽しいしあわせな週末を!(^^)/
Comments