石オケセカンドシーズン開始!&セカンドレコーディング終了

2014/09/07 22:20 に 西谷国登 が投稿   [ 2014/09/18 5:10 に更新しました ]
石神井Int'lオーケストラ&ユース・オーケストラ
遂にセカンドシーズンがはじまりました!!

しっかり二期目として「出発」出来るのか、緊張していました。
しかし、忙しい中、ボランティアでオーケストラ委員会の皆々様が上手くまとめて下さり、
総会&練習、どちらもとても気分よくはじめる事が出来ました!
本当に有難うございました。感謝します!

石神井Int'lユースオーケストラ!
2年目になり新しいメンバーも加わりました。
ユースの年齢層も上がり、インターナショナル色も出てきました!
日本語と英語が飛び交う練習となり、少し生徒達も緊張している様子。
国際色のある珍しい楽団として、頑張っていきましょう!

初回の練習では、初見を頑張りました。
想像以上に皆さん、初見が出来ていたので、びっくりしましたよ!
この感じですと、早いうちに、次の楽譜が直ぐ渡せそうです。
次回の練習楽しみにしてます!

そして、総合オーケストラ!
1stが、5プルト(合計10名)ものオーケストラとなり、
更に力強くレヴェルの高いオーケストラになってきました。
これは、かなり面白くなってきましたよ。(燃)

メンデルスゾーンも、初回からここまで出来ると思っていませんでした。
指揮をしていて、気持ち良いです!
ドヴォルジャークの「アメリカ」を演奏する事、とても楽しみです。

目標である、チャイコフスキー・ドヴォルジャークの弦セレも、
来年あたりもう出来ちゃうのでは無いか??と思って来ましたよ!

こんなに雰囲気の良いオーケストラは、なかなか無いのでは?!
と思う程に、皆さん仲良くして頂き、ありがたいです。
どんどん2期目に入り、全てが良くなっています。
次回の練習が楽しみです!

さて!
やっと怒涛の?8月が終わりました。

コンクール、コミカレ音楽祭、石オケオーディション、チャリティーコンサートとずっと緊張しながら、
最後の関門、セカンドCDの為のレコーディングを8月28日〜29日に行いました。

レコーディングで大変お世話になりました、曽根さんご夫妻、録音から編集までお世話になりました武鑓さん、写真を写して頂きました本間さん、本当にお世話になりました。エス・ツウさんのお陰です!有難うございました!
そして、今回ボーナストラックとして、琴の岡部梢さんもご協力有難うございました。

メインは無伴奏の曲でした。
私は、無伴奏だと、好きに演奏出来るから、
前回より少し楽にできるかな。と思っていたところ、むしろ反対でした。
全ての責任、全ての判断が私自身で行うので大変でした。

レコーディングは、撮り直せたり、編集がある事から、完璧な演奏が可能!
と思われがちですが、そう簡単には上手く行きません!

もちろん録音の時間制限はありますし、体力の制限もあります。
間違える(NGを出す)と、段々と精神的負担も重くなっていきます。
今の演奏が、良いのかどうなのか、一々判断もしなくてはなりません。
聞いて、演奏して、の繰り返しは結構思ったより大変で、体力が必要になってきます。
必ず、納得出来る演奏がその日、出来るわけでもありません。

しかも、今回のレコーディング、私は気管支炎で咳コンコン。病み上がり状態の鼻水ずるずる状態で挑みました。
もちろんレコーディング中は、鼻水の音が入るとNGになります。そんなテイク使えませんし、使いたくありません。
NGを沢山出してしまった事、スタッフの皆様に御迷惑掛けて申し訳なかったです。

ですが!そんな中、頑張ったこと、スタッフの皆様の協力のお陰で、とても良い音源が出来たと思います!
前回の反省や録音の理解から、今回のCDは、納得するCDが出来たかなと思います。
多分世界初の、高音品質であるハイレゾ録音で、宮城道雄先生の曲も入っています。(バッハもそうかな?!)
是非、宜しければ、お買い求め下さい!

現在、ジャケット作成をしていまして、正式な発売日は、10月以降の演奏会になると思います。

ここからは!
11月23日の第6回国際発表会に向けて頑張っていきます!
あと、本の編集作業、編集者の方とミーティングを行い、中々こちらも良いものが出来そうです。
極秘のプロジェクトもいくつかあるので、それも進ませないと・・。

それでは、みなさんが明日も元気でありますように!(^^ゞ

Comments