日本で初めての結婚式・おしばぁいおりんVol.8報告

2012/04/23 20:57 に 西谷国登 が投稿   [ 2012/04/24 5:52 に更新しました ]

管理人の松崎氏が、ウェブサイトをどんどんとヴァージョンアップしてくれています。感謝です!コンサート情報のページも遂に更新!ギャラリーのページや教室のページも新しくなるとの事です。楽しみです。

ウェブの更新はソースコードを使っての更新なのですが、NYU大学院時代に、ソースで「ウェブ構築」というクラスを受けていた事が役に立っているな、と思いました。アメリカの大学は、本当に音楽家が生きていく為の実用的なクラスが多いですねぇ。

さて!先週土曜日、日本で初めて結婚式に出席しました。

親友の結婚式でした。御祝儀っていくらなんだぁ!?等何も知らない状態で受付をしたり、ヴァイオリンまで弾いてたりしました。とても楽しかったですよ。

事前に、新郎がとても結婚費用が掛かる事を教えてくれました。

アメリカでは、新婦の方が結婚式に憧れるという理由(たぶん他にも理由があると思います)からか、新婦の両親が結婚費用を出すことになっています。(もちろん、新郎がお金に余裕があったり、自ら費用を出したりしたければ、新郎も払うらしい)

日本男児の責任は重いのですねぇ。

なので、アメリカでは女の子が次々に産まれると「あぁっ!またお金(結婚費用)が掛かるな!」となるらしいです。新婦の両親がお金持ちであれば、ツアー的な結婚式など、豪華な結婚式になるみたいです。

そして、おしばぁいおりん8回目公演やってきました。

プライベート公演でしたが、一回の公演ではお客様の人数が最多でした。

公演の模様、写真は、松田かほりさんのブログに載っていますので、是非観て下さい。アンコールもあり、ヴァイオリンソロで弾かせて頂くなど、とて雰囲気の良い公演でした。

昨日

5月27日にある、私のKunito Int'l Violin&Viola Schoolの発表会とは別に、もう一つ来月は私が関わる発表会が控えています。池袋コミュカレ前任の故雨森先生の門下生達の発表会が5月5日に控えているのです。

池袋コミュカレからは、二人出演する予定でして、二人とも頑張っています。楽しんで自信を持って弾いて貰えたらな。と思います。また、合奏もあるという事で、合奏のレッスンをしました。なかなか賑やかな時間でしたよ。是非、緊張しないで楽しみながら演奏して貰えたらな。と思います。

それでは、ざっと週末のお話をさせて頂きました。今週も皆さんがしあわせで有りますように!(^^)/

Comments