ポートランド演奏旅行2013その2

2013/11/06 19:56 に 西谷国登 が投稿   [ 2013/11/06 20:41 に更新しました ]
ポートランド演奏旅行を終え、東京に戻りました。しかし、時差の為に今午前3時半に起きました。毎回時差は苦手です(^_^;)

まず、10月28日。
ビーバトンの地元紙からインタビューを受けました。
そして、嬉しい事にその新聞に私と私の演奏会の事が載りました(^^ゞ

新聞の中で沢山褒めて頂きました!これは嬉しい。
よくイチロー選手とか野球選手のニュースが「シアトル地元紙で・・」なんて見ますが、自分が地元紙に載ると「遂に私もイチローと並んだか」とか勘違いして調子に載りました!笑 

でも、アメリカの新聞に載るのは、はじめてでは無いのですが、こんな短期間の演奏旅行内で新聞に載れるのはサプライズでした。指揮者のトラヴィスからも「いきなり有名になったな!」とか言われました。

詳細が観たい方は、Web版がありますので、こちらから。

さて、11月1日1回目の演奏会。
夜7時開演。
直前にビーバトンにあるお寿司屋で納豆とウニといくらを食べて出陣しました。

結果から報告しますと、結構納得の行く演奏が出来たのではないかと思います。
努力の結果がそのまま出たかな?と落ち着いて自分の演奏が出来たような気がします(^^ゞ

ハチャトゥリアンのコンチェルトは難曲ですし、暗譜も危険箇所が多く、少し心配していました。
ですが、良いスタートをきることが出来ました!(^^)

中々難しいオーケストラパートとの噛み合いも悪くなかったと思います。

3楽章後半で弓の毛が切れて、切れた弓の毛が邪魔でしたが、お客さん曰くそれも格好良く見えたみたいです。苦笑

最後はスタンディングオベーションを貰いました。

演奏後私のところに来たお客さんの中には、何人か感動して泣いてくれた人もいて、とても嬉しかったです。
また演奏会の後はサイン会ではなく、多数の子供や大人達からサインを求められました。あんまり日本では無いので嬉しいです(^^ゞ

少しハイライトだけですが、こちらに動画が少しアップされてます

キャロル先生も演奏会にわざわざ足を運んで来てくださいまして、「また上手くなった!とても素晴らしかった!私もこの曲やろうかしら!」と、褒めてくれました!いくつになっても師匠に褒められるのは嬉しいです。

しかし、1回目で良い演奏が出来たので満足してしまい、2回目に続くか不安に、、。


11月3日2回目の演奏会。

2回目は、私の載った新聞を見て聴きに来てくださった方も結構いらっしゃいました!
中には、私の大学オケで一緒に演奏していて(暫く連絡を取っていなかった)同級生も来てくれて驚き嬉しかったです。
1回目より多くの人達が来てくれました!

しかし、1回目で安心しきった私は、演奏中ナゼだか1楽章の中盤でイキナリ「蝶ネクタイ」が取れました。

取れたまんまでビローンとぶら下がっている状態で弾くのはどうかと思い、途中ステージに投げ捨てました。(これが、逆に格好良くうつったらしく良かったらしいのですが、)
私的には、もういいや!どうにでもなれ!と思って弾いて、完璧度は1回目の演奏にだいぶ劣る結果に・・。

ですが、1回目も来てくれたお客さん、そしてある音楽の専門家の方には、2回目の方が良かったという評判を頂きました。

そして、大きいスタンディングオベーションを貰いました。
どうも、演奏する側と聴く側の違いはあるみたいです。音楽は難しいです。

その後、私のホストファミリーの家で、演奏終了後パーティをやりました。

指揮者のトラヴィスや、メンバーの方達と沢山お話をしまして、次回は、ブラームス?シベリウス?サン=サーンス?なんて指揮者や皆さんから、次の機会のお話をして頂き嬉しかったです。

次回は2、3年後という感じです。また楽しみです。

そして、次の日の朝。。

前3時に起きて、チェックアウト。レンタカーも返却して、日本帰国へ。

日本帰国にあたり、ホノルル経由で帰ってきました。

ホノルルは、たった18時間の滞在でしたが、久しぶりの唯一のお休みですm(__)m
ハワイは今回で4回目。
いつも行きたい!と強く思って憧れの場所なのですが、いつも1人で来て、周りのカップルや家族連れを見て、寂しくなり、飽きて、あーあ、つまんない。早くかーえろっとなる場所です。苦笑 
でも、今回は、おみやげで忙しかった事と、早起きして、すぐ寝てしまい、実際楽しんだのは、次の日の朝食後30分だけ。

その瞬間、一人でももう少し居たかったなと思いました。次回は、冬に行きたいですね。

帰りの便の話。

皆さんは別に嬉しくないかもしれませんが、私はここで多分今回1番物凄い嬉しい経験をしました。
なんと、無料のアップグレードでビジネスクラスで帰ってきました。
さて、、、どういうことか。

まず、チェックインを済まして、ゲートに早目に行きました。そして、ゲートのカウンターで「ビジネスクラスへのアップグレードはいくら掛かります?3ー4百ドルくらいなら掛かっても良いんだけど」と英語で聞くと「1000ドルは余裕で超えるよー」と言われ諦めました。

その後、通常日本行きの便では、英語のアナウンス後に日本語のアナウンスがあるのですが、突然、英語のみで「ミスターニシタニ!?」というアナウンスが流れました。要は、周りにいる日本人観光客にばれないように(内緒でアンフェアにならないよう)呼んでくれまして、なんと無料でビジネスクラスにアップグレードしてくれました!!!超嬉しかったです。国際線のビジネスは初めて。

フラットシートがどんなものか、飛行機空港好きの私にはたまらなかったですね(^^ゞ

でも、実はこれ半分計画通り。
何度もアップグレードの噂を耳に聞いていて、参考にしていました。
まず、空港では必ず、ジャケット着用。綺麗な言葉・英語を使うこと。
そして、普段から(マーティン先生のように)ビジネスクラスに乗っている人達の様に振る舞うこと。
アップグレード可能か毎回聞くこと。

今回は、普段から、夏服やアロハを着る人が多いホノルル空港でもしっかりジャケットを着用しておいた事、英語が多少なりとも話せる事が良かったみたいです。

はい!分かってます!最後は皆さんどうでも良かったですねm(__)m笑。ごめんなさい。

それでは、発表会に向けて明日から頑張ります!今日は、荷物おみやげの整理です(^^ゞ
今日も皆さんが元気でしあわせでありますように!
Comments