コンクール審査と夏のワークショップ

2014/08/07 0:11 に 西谷国登 が投稿   [ 2014/08/07 0:12 に更新しました ]
今年も、かつしかシンフォニーヒルズにて、日本クラシック音楽コンクール(東京地区)の審査をして参りました。
総合的にみて、今回私が審査をはじめた3年間の中で1番レヴェルが高かった様に感じます。

点数が想像以上に高い参加者、逆に想像以上に低かった参加者。
どちらもいると思います。
また、3名の審査員のコメントや点数に開きがあった参加者もいると思います。

毎回コンクールを審査してて思うことは、審査員の「好み」や「印象」があるという事です。
つまり、コンクールの点数を公式にすると、その出来+審査員の好み=です。
審査員の好みが合わないと、マイナス10点になる事もしばしばです。
逆に、強烈に好まれれば+10点もあり得ます!
なので、舞台に出る時の見栄えや楽器の弾き方は、改めて本当に重要だなと思いました。


私の教室からは、昨年の3倍、6人の生徒が出場しまして、全員無事合格しました。
本当に良かったです!
また、今回、高校生のヴィオラでの出場ありまして、
しっかり合格してくれたお陰で、ヴィオラの先生としても、更に自信が持てました。

本当に今回のコンクールは、全員が大きなミスも無く、良い演奏が出来た事をとても誇りに思います!
素晴らしかった。
終わった後、生徒達が「楽しかった」「面白かった」という感想を言ってくれましたが、特に嬉しかったです。
ガッツポーズです。
私の教育理念?目標は、
「楽しくモチベーションを上げて、(私のスパルタ教育を気づかせないで)いつの間にか上手くなる!」(笑)ですから。

来年がまた、楽しみです!


さて、

少し時系列が逆になってしまいましたが、
夏のワークショップを、東京芸術劇場のリハーサル室にて、7月21日に行いました。

カルミナストリングスの高橋さん、講演を担当して頂き、有難うございました!
講演では、楽器のお話から裏話までお話して頂きました。
子供たちには、多少難しいお話でしたが、後々役に立つお話も多かったです。

今回、20人ほど参加して頂きまして、最後は、試演会を行いました。
皆さん、立派に演奏できて、中々レヴェルの高い試演会だった様に感じます。

皆様のご参加、有難うございました!次回は、より楽しんで勉強して貰えるようにしたいですね!


さて!
8月になりましたね。

最近、趣味、、ではなく、、字の勉強をはじめました。
習字です。私の大の苦手な習字ですよ。
譜面に字を書かれた生徒なら誰もが知っている、私の汚い字の克服です。

ヴァイオリニストは、弓の持ち方と関連して、字が極度に苦手と言われています。
言われています。言われています。
・・・・。・・・。

そんな事は無い。
本人次第だと知っていても、その上記の話で誤魔化して、今まで生きて来ました。
、、ですが、私もそろそろ限界だと感じて来ました。

お中元が届いても、御礼を頂いても、ハガキを貰っても、字が酷い為に、御礼のハガキ一枚も出せない。
いや、出したくない。というか出さないほうが、まだマシなのです。メールで誤魔化してきましたが、、

いやいや!そんな事は無いよ。ハガキだって貰えれば、心が篭ってれば嬉しいモノだよ。

と思う方、結構いらっしゃるかとは思いますが、
いや、私の身内でさえ、頑張って御礼状を書いても「・・やっぱり・・・・出さないほうが、、まだ身のためかも・・・。」
という様な感想を持たれます。

ということで!そんな状況を克服する為、
ペン字練習の本を買って、本気で字の改善をはじめました。
人並みに、恥ずかしくない程度に字が書けるようになりたいと思います!
応援よろしくお願いします!
私の字をみても、がんばれ!っていう気持ちで見てくださいね。

そして、


ここからは、それぞれ、私が現在関連している事について、お知らせをや意気込み?を述べさせて頂きたいと思います!
(実際は、頭を整理したいだけですが・・。)

☆コミカレ弦楽セミナー
ピンチです!ヴィオラとチェロがいません!
もし、参加できる方がいらっしゃいましたら来週だけの参加でも構わないので、お知らせ下さい!

前回のアンケート等で、講師の先生を増やして欲しい。
全パートに講師陣が欲しい。という話を頂いて、いつもより講師陣をご招待させて頂いたのですが、
なんと、ヴィオラとチェロの参加者がいない。という状況になってしまいました。(泣)

ただ、参加者の皆さんは、ご安心ください。
ヴィオラ、チェロ、コントラバスは、プロやセミプロの講師陣に参加して頂きますので、
本番は、結構ある意味贅沢です。(個人的都合ですが、もう赤字覚悟でございます!汗)
今週中に、皆さんをプロレヴェルまで、レヴェルを上げなくてはならないのが私の仕事です。
(無理!とか言わないで下さいね!)楽しく、スパルタでやって行きたいと思います。
楽しみ、がんばりましょう!!

☆石オケ オーディション&第2期リハ開始
8月23日にオーディションを石神井公園のふるさと文化館で行います。
ユースは18時から。総合オケは19時半からです。
自由曲を1分程度演奏して頂きまして、簡単な数小節の初見をやってもらいます。

審査は、皆さん優しい方たちなので、あまり肩に力を入れないで演奏して頂ければと思います!

リハーサル曲ですが、総合オケは、メンデルスゾーンの弦楽交響曲2番から、はじめたいと思います。
その後、ドヴォルザーク(アメリカ)とチェロ協奏曲の譜面をお渡しします。
ユースは、ディヴェルティメントK138 Fdurから練習をはじめます。

譜面は、23日迄にボーイング付けが間に合えば、お渡しします!
間に合わせる様、最大限の努力をしています!
間に合わなければ9月の最初の練習日に、初見大会をしたいと思います!

楽しみです。がんばりましょう!

☆杉バロ リハ開始
いよいよ、はじまりますね!
バッハのシャコンヌの編曲版は、私も今ヴァイオリンオリジナル版を練習していまして、レパートリーの一つです。
頑張りましょう!まず、私は、皆様の名前を覚える所からがんばります。
ゆっくりな指導と練習をやって行けるように努力したいと思います。

☆セカンドCDのレコーディング
もう出すの!?と言われても仕方ない程、ファーストCDとの間隔が短いですが、セカンドCDを今月28,29日に撮り、今年の秋にリリース致します。そして、何を考えているの?と思われるかもしれませんが、来年のサードCD予定も決まっています。

1年間に3つもCDをアルバムと出すクラシックアーティストはいないかもしれませんが、機会(チャンス)を得たら、やるしかありません。未来への投資だと思い、頑張っております。

ただ、パガニーニの練習し過ぎで、左手に相当な負担がかかり、軽傷ですが、現在腱鞘炎に掛かっております。
音楽的な曲を重視して、超絶技巧な曲をここ数年避けて来たのが、裏目に出ております。
やはり、普段から技術的な曲を弾かないとダメなんですかね。
早く治して頑張ります。

また、著作権が切れた事から、宮城道雄先生の曲を二曲ほどボーナストラックとして入れることになりました。
是非、もし興味があられる方は、お聴き下さい!

☆チャリティー演奏会
30日が完売との事で、23日に追加公演が行われることになりました。
一週間早まった事で、一週間練習時間が減りました。
私も腱鞘炎になっている場合ではなく、頑張らなくては。
少しピンチです。最大限の努力をさせて頂きます!

☆レッスンと発表会
そろそろ、発表会の準備をはじめます!
まず、発表会の曲決めからです。
まだ決めてない方は、レッスン時に相談下さい!
参加の是非は、要項を作成しますので、要項に記入して頂き、費用と一緒に堤出して頂きます
提出期限は10月15日にしたいと思います。つまり、10月15日迄に是非を決めて頂きたいと思います。

☆愚痴留学日記の出版
文芸社から、私が留学時代、メールマガジンとして発行していた、留学日記をしっかり編集して、選び抜いて出版させて頂く事にしました。
ネットには載せてなかったモノもあるので、楽しんでもらえるかなと思います!!

指定した、100店の紀伊國屋等の書店に置いてくれるみたいです。刊行・発売は2月です。
早速、編集者の方も決まり、現在毎日夜にやりとりをさせて頂いている所です。

是非、刊行されたら読んでいただきたいです!m(__)mよろしくお願いします!

☆暑い
しかし、暑いですね。
毎日、必ず暑くて目が覚めます。
特に練馬は、全国でも暑さが上位ランクインされる都市なので、キツイです。
ヴァイオリンを弾く環境にありませんが、がんばります。

それでは、この暑さを乗り切りましょう!皆さんが明日もしあわせでありますように!(^^ゞ
Comments