コンクール審査のお仕事

2013/07/29 6:36 に 西谷国登 が投稿   [ 2013/07/29 7:15 に更新しました ]
今日は昨年に続き、日本クラシック音楽コンクール東京地区の審査員を務めて来ました。

前回、ペンだこが出来てしまったのですが、今回は鉛筆グリップを持って挑んだところ、何ともない^ ^

これで、安心。土曜日のコンサートの為にもしっかり練習出来るかな^_^

今回は本当に色々な参加者がいまして、中々ハイレヴェルでした。また、小学生の部は特に色々なカラーがありました。参加者の先生の思惑や気持ちも沢山伝わってきました。

私事なのですが、審査は平均点がその生徒の点数になります。なんと今年は、9割以上私の点数が真ん中でして、審査も慣れて見る目も出てきたかな。と自分で自画自賛しました、ふふふ。

来年は、私の生徒達が沢山入賞出来るよう、私も気合いを更に入れます。

帰りには、審査会場が11月にやる発表会と同じ、かつしかシンフォニーヒルズだったので、発表会の打ち合わせを音響さんと行いました。

また、1月か2月辺りに、レコーディングをやりたいので、その打ち合わせをしてみたのですが、やはり専門の音響さんを頼まなくてはならないみたいです。良い人いないかな〜。

既に、審査と打ち合わせてへろへろになっていたのですが、そのままコミカレのクラスのため、池袋へ!

西武池袋の地下。本屋のリブロの横に、見たことあるチラシがあり、激写!

そうですコミカレ音楽祭のポスターです!

まだヴァイオリンも定員まで行っていませんので、興味がある方は是非!ご参加ください!

申し込みはウェブからも可能です。申し込みはこちら

それでは、もうへとへとなので、また更新します。

皆さんが明日もしあわせでありますように!(^^ゞ

Comments