駒が割れました・・・・。ガックリ・・。

2012/07/10 23:23 に 西谷国登 が投稿   [ 2012/07/10 23:33 に更新しました ]
まず夏の音楽祭情報。

モーツァルトの楽譜の正誤表を作成いたしました。既に音楽祭に申し込まれた方達には、近く郵送で送られるかと思いますが、ブログを読んで頂いている方には、いち早く正誤表の確認が出来るように致します。

正誤表はこちらです。

またもう一曲(グリーグ作曲「過ぎにし春」)の楽譜は、当日お渡しするか、郵送するか現在検討中です。楽譜を早くチェックしたい方は、こちら。下の方にある楽譜ファイルのArrangementのタブを開いて頂きましたら総譜やパート譜がPDF形式であります。

さて、、、写真。

ヴァイオリンの駒が割れました。えっ!駒って割れるモノなの?消耗品なの?と思われるかもしれませんが、時々湿気や、扱い方、古さによっては、割れます。

この駒は、東京クァルテットの数億円するストラディヴァリウスなどの調整等を行っていた、ニューヨーク(NY)マンハッタンの外れにある楽器工房で作ってもらった駒なのです。

その工房をマーティン先生に薦められ、その工房の職人さんに「駒を作り直せばもっと良い音に、優しい音になり、尚響くようになる」と言われ、数週間私のNYのアパートから片道1時間半くらい掛けて工房に通い、人気なので毎回1時間くらい待たされた事を思い出しました。ですが、確かに音がガラっと変わりまして、とても弾きやすくなりました。

そんな駒が3日前の朝、弦を張り替えていた時に、バキっと音をたてて、割れてしまいました。本当に残念。残念で悔しい。本当にガックシ。。今、NYに行く機会も時間も無いし・・。複製して、3つくらい作ってもらえば良かったです。。。

駒の扱いには気をつけましょう!

また、8月4日にある、アイライフ主催、チャリティーコンサートのチケットが完売した様です!購入して頂きました皆様、本当に有り難うございました!

それでは皆さんが明日も元気で良い日でありますように!
Comments