発表会その後&サマーワークショップ2013

2013/06/09 4:44 に 西谷国登 が投稿
写真は、東池袋にあるレスタというスパ施設の休憩所?。一人で行きましたが、やはり友達と行く方が楽しいな。と思いました。確かに、休まったし、色々と今後の事とかまとめられて良かったのですが、やっぱり今度は誰かしら誘って行こうと思います。でも、平日は仕方ないか。うーむ。

発表会が終わり、大体の生徒達が発表会後レッスンの一回目を終えました。
毎回の事ですが、発表会直後が皆1番上手くなるんですよね(^^ゞ
とても皆モチベーションが上がり、よりハイレヴェルなレッスンが出来る事、とても嬉しいです。
発表会効果有り!とガッツポーズをする瞬間です。

ところで、嬉しい情報が今日ありました!
今月末にシンガポールに帰ってしまい、シンガポール出身で、私の生徒の一人であるシーニン(写真・中央)が発表会の直前に、シンガポールでSchool of the Art (Singapore)という音楽学校の入学試験を受けていまして、その合格通知が来ました!!
正直、私も入試関係のオーディションとなると、流石に責任も感じて少しピリピリしていました。
発表会準備中、東京クヮルテットの来日関係やその間にあるコンサートだけで精一杯だったのですが、このオーディションも一つの心配事でした。受かった事、本当に「胸を撫で下ろす」という想いです。皆、後に続いて欲しいです!

さて、KIVS
サマーワークショップ2013(第2回ワークショップ)について。
詳しい日程や場所などはこちらをご覧ください。

要項をVer2.1にバージョンアップ(更新)しまして、スケール選手権&レクチャーというのを加えました。
このクラスは、出来るだけ多くの生徒に出場して欲しいです。
スケール(音階)を人前で弾くという事に挑戦して頂きます。
私も努力しているのですが、音階が好きな生徒が少ないという現状を打破しようという想いではじめたいと思います。人前で弾く機会があれば、基礎であるスケールを練習せざるおえませんからね。ふふふ。そのうち、昔千香士門下で行われていた、スケール合宿をやりたいですねぇ。

ところで試演会なのですが、試演会は発表会と違います。
大きな違いは、プログラムが無いこと、時間設定もアバウト。服装も普段着OK。
そして、曲の途中で終えたりする事が出来る事、そしてエチュード(練習曲)等を選曲しても構わない。という事です。
しかし試演会と言えども、コンクール出場、直前練習組や、発表会に出場出来なかった、発表会待機組のデビュー。突如現れた、人気のユニット・ビューティーズ?の演奏などもあり、楽しみです。
申し込みは、講師の先生方に直接連絡ください。試演会は事前の申し込みのみ参加可能です。

第2回コミカレ夏の音楽祭

昨年の様子はこちら
申し込みはこちら。(※部屋に制限があるため、50人が今回限界かもしれません!申し込みはお早めに!)

既に、申し込まれ方々有り難うございます!皆様の申し込み楽しみにお待ちします!
今回は、公開レッスン付きです。公開レッスンの受講に興味がある方は、是非申し込みの際に公開レッスン希望の旨を伝えられるか、私(musickuni@gmailcom)に直接連絡ください。ソロの場合、出来ればピアノ伴奏付きで参加お願い頂きたいです。もちろん、弦楽3重奏、4重奏等の室内楽もお待ちします!公開レッスンの聴講(無料)はもちろん、歓迎です。
この音楽祭は、石神井オーケストラに参加されるか考えている方達にも体験の意味で、参加される事もオススメ致します!

それでは、明日もみなさんがしあわせでありますように!(^^ゞ

Comments