アメリカからの輸入教本

2012/08/15 8:01 に 西谷国登 が投稿   [ 2012/08/31 0:49 に更新しました ]
※リサイタルのチケットを本格的に発売開始中!
まだ1ヶ月半以上先ですが、既に皆様のご協力のお陰で売れ行きが早いです!
是非お早めに申し込みください!皆様のお申し込みお待ちしています!
☆申し込みはこちらです!
リサイタル情報はこちらです!

今日は、珍しくレッスンやリハ等が無くて、オフでした。
なので、無料券を使って親友と東池袋にあるレスタに行って来ました。が、、親友が新婚さんの為、早々と退散(-_-)そして、仕方無くオフを止めて部屋やレッスン室を掃除したり、明後日開始の音楽祭セミナーの曲、
スコアを睨めっこして書き込みをしたりして、勉強しました。

オマケに、レコーディングの編集作業を手伝ってくれているニューヨークの知人と連絡を取り合って作業をしたり、
リサイタルのプログラムの文言を作成したり、発表会の計画を練ったり、クリスマスコンサートの予定を立てたり、
来年の事まで話しを進めたり、なんか自分で褒めてやりたい。
偉い(>_<)でも全て自分がやりたくて、やっているのだから、別に偉くはないか・・・。

さて、上記の写真。右は今勉強しているスコアですが、左の楽譜は先週私が大量に輸入した楽譜です。
MELODIOUS DOUBLE-STOPSという、要はヴァイオリンの為の重音の為のエチュード(練習曲)です。
この教本は、日本では珍しいのですがアメリカでは定番で使われています。

日本に帰国してレッスンをしていて、
「日本人の生徒達は、アメリカで面倒みていた生徒達と比べて重音が極度に苦手な方達がとても多い」事が最近気になっていました。
そこで、その対策を打つために、この教本を使う事にしました。
この教本は、最初片方が開放弦で練習していくモノでとても画期的だと思います。
日本にまだあまり浸透していない分有利なので、うちの教室に早々導入します。
ふふふ。

日本の楽譜屋は、全音出版の楽譜以外とにかく高いです。
ぼったくりに近いです(怒)
またこの教本は、日本では見つけにくいですし、
私がアメリカから輸入して少しでも生徒の負担を減らす為、安く出来ればと思って輸入しました。(配送料は別ですが)
私の生徒限定で、あるレヴェルに達した生徒から使って貰おうかと思います!

明日は朝から夜まで8人のレッスン!
そして、明後日はコミカレセミナー開始です。
私も緊張してきましたが、とても楽しみです。

それでは、明日も皆さんが素晴らしい日で有りますように!
Comments